現在ではオリジナリティ溢れるウエディングを行っているカップルは多く、結婚式場も新郎新婦の希望にできるだけ沿うようにして、進行していると言えます。

重たくない引き出物

知らない間にゲストをがっかりさせてしまっている引き出物はどんな物であるかという事を考えた時に、その一つとして重たい物を挙げる事ができます。

中には引き出物が多少重くても満足できればそれでいいという人もいるかもしれませんが、妊婦の人がゲストであったり、障害のある方であったりする事もあります。

どうしても引き出物を軽くする事は難しいと感じた時には、自宅に配達すると、ゲストを困らせる事はないかと思います。

また、引き出物を持って二次会に参加する事になりますので、重たい荷物を持って長時間の移動をしないといけない事もあります。引き出物の事で、ゲストを疲れさせない様に考えたいですね。

引き出物だけは素敵なアイテムを

結婚式はなるべく節約して、シンプルに済ませてしまいたいと考える人も増えている様ですね。お金をかけないウェディングを希望している場合でも、引き出物やゲストのお食事だけは手を抜かないで素敵な物にしたいと考える人は多い様です。

お祝儀を出してくれているのに、低い価格の引き出物であれば失礼になる可能性も考えられます。引き出物の価格については、ネットを使うと簡単に調べる事ができます。ゲストとは、結婚式の後もずっと末永くお世話になる事が多いので、引き出物やお食事は本当によかったと思ってもらいたいですね。

逆にドレスやブーケなどは引き出物とは違って自分達だけの問題ですので、ゲストの満足度にはそれほど影響しない事もあるでしょう。

自宅に直接届ける引き出物

これまでであれば、引き出物は結婚式場で直接ゲストに対して手渡される事が多かったですが、今では引き出物を自宅に直接届ける事も少なくありません。そうする事によってメリットは大きいと考えられます。引き出物を持ち帰るのが大変だというゲストが多い様ですが、その手間を省く事ができます。

また、挙式当日に引き出物が届いているか確認しないといけませんが、自宅に届ける事でその手間を省く事ができます。また、引き出物を贈り分ける際に、少し程度であれば商品の大きさに注意する必要もありません。また、外部のお店で選ぶ際にも、持ち込み料が必要ではないという事も考えられます。自宅に直接届けるのも検討してみましょう。

結婚式のゲストごとに贈る異なる引き出物

近い将来、結婚式を控えているという人は、ゲストにプレゼントする引き出物を何にするか決定しないといけません。結婚式ではたくさんの人が来てくれますので、すべての人に引き出物を贈る必要があります。

しかし、結婚式に来てくれる一部のゲストの事を考えて引き出物を決定すると、それ以外の人の人には適さない事もあります。そのため、結婚式における引き出物はゲストによって違う物が贈られるという事は今では珍しい事ではありません。

それよりも結婚式においては、本当に一人一人が必要としている引き出物を贈るという事に重点が置かれる事もあります。時代によって、考え方や価値観などは変化している部分もあります。

結婚式の引き出物について

結婚式の引き出物には結婚式に参列してくれたゲストの方々へ感謝の気持ちを込めて贈る品物の事です。贈り物にはゲストとの関係や性別に合わせて種類を選んだり、またご祝儀の金額に比例してランク分けして選ぶ場合などがあります。

また贈る金額や個数は地域によっても異なっており、贈る品・引菓子・しきたり品の3セットが主流となっており、人気の贈り物には食器をはじめタオルや有名パティシエのお菓子、カタログギフトなどがあり、特にカタログギフトは沢山の商品の中より自分の欲しいギフトを選ぶ事が出来るため人気となっています。

引き出物は受けての気持ちになって選びましょう

昔の引き出物は、出席して頂いた人の家族の人の為に、提供した料理の一部を持って帰ってもらうというのが一般的でしたが、現在では、海外で式を挙げたり、遠方で式を挙げる人が増えた為、料理を引き出物として渡すことがありません。

現在は、新郎新婦が選んだ食器などを渡すことが一般的ですが、もらって困るような物を渡してしまっていることもあるようです。新郎新婦の顔がプリントされたお皿や、新郎新婦の共通の趣味の道具など、もらった人が少し困ってしまうような商品を選ぶのはできるだけやめた方が良いです。もらった人が困らないような商品を選択するようにしましょう。

引き出物に関する記事

結婚式場、ウエディングドレス、引き出物(ネームインポエム)、美容整形、美容外科の情報を掲載しております。結婚式場、ウエディングドレス、引き出物(ネームインポエム)、美容整形、美容外科の情報を今後増やしていきます。

結婚式場、ウエディングドレス、引き出物(ネームインポエム)、美容整形、美容外科以外の情報のお問い合わせはこちら