現在ではオリジナリティ溢れるウエディングを行っているカップルは多く、結婚式場も新郎新婦の希望にできるだけ沿うようにして、進行していると言えます。

ウェディングドレスを選ぶ

海外ウェディングやリゾートウェディングをする時は、ウェディングドレスを選ぶことが難しいです。
基本的に室外で挙式をすることが多いので、動きやすさを考慮した方が良いでしょう。

裾を引きずると汚れが付きやすくなりますので、レンタルなどは細心の注意が必要になります。

ウェディングドレスは最低でも1ヶ月前までに決めておいた方が良いのですが、海外ウェディングの場合は現地に行ってウェディングドレスを決めるので結婚式の間近に試着することが多いようです。

もし、いいのが見つかるのか不安であれば、日本で選んだウェディングドレスを持っていくこともできます。
持込料がかかる場合もありますので、式場に確認しておきましょう。

オリジナルのウエディングのスタイルの魅力

オリジナルのスタイルのウエディングを企画するにあたり、プロのスタッフが在籍している結婚式場の現状をしっかりとチェックすることが大切です。最近では、披露宴の進行の方法について、各地の結婚式場のウェブサイトなどで分かりやすく紹介されることがあるため、いち早く役立つ情報を集めることが大事です。

また、人気のあるウエディングのスタイルに関しては、多くの結婚式場のスタッフから丁寧な説明を受けられることがメリットです。もしも、式場のスケジュールの決め方に迷っているときには、経験豊富なスタッフと交渉をすることがコツです。

「リゾートウエディング」の魅力とは

近年人気が上がっている結婚式がリゾートウエディングです。これは名の通りリゾート地で行う結婚式のことで、壮大な自然が作り出すシチュエーションの中で、気持ちもリラックスした個性的な結婚式を行えるものです。

このウエディングスタイルを選ぶカップルたちの気持ちでとても多いのが、双方の両親を大切にしたウエディングにしたいという希望を持っていることです。

リゾートウエディングの特徴としては少人数で行われることが多いので、新郎新婦とゲストの方たちの距離が近く、ゲストをおもてなしし、感謝を伝える場になるという良さがあるのです。この方法の結婚式を京都で行うことも人気です。

京都ならではの日本的な伝統の趣、四季折々の美しい風景の中での結婚式はとても感慨深いものがあります。和装が映える地域として、由緒正しい神社での神前式などは参列しているゲスト方の感動も大きなものです。非日常を味わい、新郎新婦の双方の家族や友人がつながる機会となるこのような結婚式が今はとても流行っています。ウエディングに呼ばれたゲストの方々も旅行気分も味わえ、一生の思い出になる満足の結婚式になるはずです。

自分たちを心から祝福してくれる方たちとの有意義な時間を送ることができるこのウエディングは今後益々人気が上がっていくと予想されます。

海外でウエディングを挙げる際の結婚式場

最近では国内で沢山の招待客を呼んで挙げる結婚式ではなくて、海外で親族など本当に仲のいい人だけを呼んで挙げる結婚式が流行っています。海外結婚ウエディングには憧れるけど、中々敷居が高くて選びにくいという人も多いのではないでしょうか?

今では沢山のウエディングを専門に取り扱っている会社が海外で結婚式を取り扱っており、結婚式場や、当日の流れなど全てサポートしてくれます。気になる言語の問題も、現地の日本人スタッフの人が面倒を見てくれるので心配ありません。

また万が一、日本人スタッフがおらず、現地スタッフのみになってしまったとしてもハワイやグアムなどはよく日本人の結婚式が行われているため、日本語を話せるスタッフが多いです。

ウエディングと結婚式場

ウエディングと言えば結婚式場がまず頭に思い浮かぶかと思います。結婚式を挙げるとなった際には必ず選ばなければいけない項目の一つになってきます。

どのような式を挙げたいのかによって、どのような結婚式場を選ぶのかが変わってきます。

最近では親族だけを呼んで海外挙式をする人もいますし、リゾート婚というタイプも非常に人気があります。自分達の挙げたいウエディングはどのようなものなのかをしっかり話合うことが、式場を決める際に揉め事を避けるポイントになってきます。こうしたいと言う希望がある場合には事前にはっきり伝えておくことが大切です。

着痩せして見せたいウエディングドレス

いつの時代であっても、ウエディングドレスは女性の憧れの象徴とも言えます。しかしながら白は膨張色でもありますので、ドレスの素材や形によっては着膨れしてしまうケースもあります。

一生に何度とない機会になりますので、せっかくであればドレス選びを成功させたいものです。全体的に言えるのがドレスに身体の肉がのっかってしまっていると太っている印象を与えてしまいます。

二の腕が気になるようであれば、少し袖があるタイプのドレスを選んでみてもいいかもしれません。ドレスの数は無数にありますので選ぶのが非常に大変ですが、ドレスの担当者に気になる点をしっかりと相談し、解決していくのが望ましいでしょう。

ウエディング・結婚式場に関する記事